こどものこと

2017年4月14日 (金)

卒業だ&入学だ!

ものすごく久しぶりのブログ更新です。

今年の春は我が家の3人の子ども達がそれぞれ小学校、中学校、高校を卒業し進学という
トリプル卒業&入学の年。
それに伴いダブル受験もあり、なんだか怒濤だったのである。

本来はしみじみと子どもの成長をかみしめ思い出にひたる節目なのだろうけど、
仕事のかたわら「こなしていく」感が・・・・・

それでも12年続いた小学校生活が終了。
我が家から歩いて数分の小学校の前を通ると、ちょっとしみじみした気持ちになります。

それぞれに新しい環境で新生活のスタートをきった子ども達。

私も、中学生、高校生、大学生の母としての日々のスタートです。
まずは、高校生男子用の大きいお弁当箱買わなくちゃ・・・・・・

Photo
仕事帰りに撮った桜。今年もお花見はできなかったなぁ・・・

私の運営する、ちょっと個性的な布のお店、はなはっかです。
ご興味があれば見てみてください!
布のお店 はなはっか 

こちらは私のHP.
イラストレーターとしての仕事や彫刻作品などが見られます。
ささきみえこHP 

こどものこと, 暮し | | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

卒業式

冷たい春の雨が降りしきる中、
長女の中学校の卒業式がありました。

学区内の公立の中学校なので、
幼稚園から、小学校からと、12年、9年といった付き合いの友達が多く、
たくさんの思い出があり、みんなが別れがたく、女子も男子も、涙涙の卒業式でした。

私にとっての卒業式・・・と考えてみると、
まず自分自身の卒業、
20代の頃、教師として教え子を送り出した卒業式、
そして母として3人の子たちのそれぞれの卒業式・・・・と、
いろいろな卒業式を迎えてきました。

まっさらな気持ちでむかえる入学式もいいけれど、
過ごした時間と思い出を胸に、別れと出発のほろりと切ない味がする卒業の季節が
なんとも言いがたく心に残ります。

今年は長男の小学校卒業もあり、
慌ただしい春ですが、
子ども達の人生にひとつ成長の足跡がついた瞬間を、
自分自身の思い出と少し重ねて、しみじみする春でもあります。

20090325

こんな桜が咲いていたらよかったのですが、
残念!


私の運営する、ちょっと個性的な布のお店、はなはっかです。
ご興味があれば見てみてください!
布のお店 はなはっか 

こちらは私のHP.
イラストレーターとしての仕事や彫刻作品などが見られます。
ささきみえこHP 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

子育て雑感〜繰り返すもの・・・・

先日、娘の中学校の文化発表会がありました。

内容は、校内合唱コンクールと吹奏楽部の演奏会。

合唱コンでクラスのピアノ伴奏を、
そして吹奏楽部3年としては引退コンサートになるわけで、
娘の気合いの入りようは半端ないものでした。

この頃の中学校の合唱コンでは、
今時のJ-popを合唱用にアレンジしたものを歌うことも多いようですが、
娘の中学校の選曲はスタンダード。

去年まで、3年生の全体合唱は「大地讃頌」だったしね。

クラスでは朝練だの、放課後練だの、
吹奏楽部ではおそろいのTシャツを作り、
なんだかとても懐かしい「青春やね〜」といった娘の毎日を
母はちょっとうらやましく横目で見ていた訳です。

Photo
区の公会堂の大ホールを貸し切っての行事。贅沢ですね〜。
ここは日本フィルのフランチャイズホールでもあり、とても立派な公会堂です。

当日、中学生達は、とてもとても一生懸命、
入賞発表に笑い、泣き、
職員合唱に多いに盛り上がり、
吹奏楽部演奏は無事あたたかいアンコールと声援をもらい、
素晴らしい雰囲気で行事を終えました。

娘のクラスは入賞を逃し、娘は号泣してたなあ〜

自分の中学生の頃の合唱コンや部活なんかを思い出して、
本当に懐かしい気持ちになりましたねぇ。

ふと、思うことがあるのですが、
私の母世代は、戦後の混乱期に青春時代を過ごし、
戦後復興、高度経済成長期を社会人として生きてきた訳で、
親子の間で、青春期における共有できる体験が少ない・・・・
時代が全く違うのです。

もちろん、私と娘の時代もそれなりに違うのだけれど、
同じように中学時代、合唱コンに燃え、
同じ曲を歌い、ああ〜繰り返しているなあ〜と思うようなことが度々。
その都度、母と自分の事を思い出して、ちょっと不思議な気持ちになります。

自分が小学生、中学生だった頃に流行っていた音楽をやミュージシャンを、
娘や息子がお気に入りだったり、テレビで観ていたりするのも、
なんだか面白い・・・

繰り返すものと、変わっていくものと・・・

子育てって、自分の人生や、母の人生、
繋がってきた時間を思い返し、これから先に繋げていく作業なんだなあ〜と、
しみじみ思った秋の日でした。

私の運営する、ちょっと個性的な布のお店、はなはっかです。
ご興味があれば見てみてください!
布のお店 はなはっか 

こちらは私のHP.
イラストレーターとしての仕事や彫刻作品などが見られます。
ささきみえこHP 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

at Home 赤ちゃんと幼児のいる暮し

時間を巻き戻して、好きな年代に戻れるとしたら????
いくつのときに戻りますか?

私は、10代でも20代でもなく、
きっと、10年くらい前がいい。

長女が5才くらい、長男が2才くらい、
まだ次男は生まれていないな。

当時は、2人の子どもを育てるのに無我夢中で、
毎日がばたばたと過ぎていたのに、なんだかとてもゆったりとした空気が
あったように思います。(多分、今思うと・・なんだけど)

ぐいぐい膝に乗ってくる、まとわりついて抱きついてくる、
笑ったり、泣いたり、おこったり・・・
幼児のちょっと熱いくらいの体温と湿り気、
柔らかい髪の毛や汗や涙のしょっぱさ・・・

そんないろいろと密着して、巣穴の中のようにあったかなお布団の匂い。

赤ちゃんと幼児のいる暮しが終わってしまうと、
とても懐かしい
あれやこれや・・・・

そんな空気が満載の大好きな写真集。

上田義彦 at Home
Img_2711


上田さんは、桐島かれんさんの旦那様。
かれんさんと4人の子どもたちの、日々の暮らしの写真集です。

お腹の大きなかれんさん。
出産後のかれんさん、
小さな赤ちゃんを囲むお姉さんたち。

どの写真にも、赤ちゃんと幼児のいる暮しがいっぱい詰まっています。

なんだか心寂しくなったり、元気のでないときに、
そっと開くと、じんわりと幸せになれる写真集です。

そうそう、過去に戻れるなら・・・・
3人の子ども達が生まれた日にもどって、
生まれたてほやほやの彼らを,
それぞれもう一度だっこしてみたいなあ・・・・・

私の運営する、ちょっと個性的な布のお店、はなはっかです。
ご興味があれば見てみてください!
布のお店 はなはっか 

こちらは私のHP.
イラストレーターとしての仕事や彫刻作品などが見られます。
ささきみえこHP 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月18日 (日)

天体観測

昨日、近所にある区の科学館に、猿息子2人を連れて
土星、月、アルビレオの天体観測会に行ってきました。

夏休みということもあって、家族連れが多かったな。

最初30分ほど、プラネタリウムで星の解説を聞いて、
そのあと天体望遠鏡で実際に観測するのです。

この区の科学館は、本当に昔からある施設で、(昭和44年設立だそうです。)
プラネタリウムもレトロ。

最近、360度シアターみたいな最新プラネタリウムが流行ですが、
こういうレトロタイプは、懐かしくていいですね。

猿達の最大のお目当ては土星。

かれらの今年の夏休みの自由研究は天体の調べ学習だからね。

まずは、3Fの天体観測ドームにいって、屈折赤道儀望遠鏡なるもので
月を見ました。
おおぉ〜、クレーターがばっちり。
あまりにも近い感じでびっくり。

写真集などできれいな写真はよく見ていますが、
じっさい、望遠鏡で見る月は新鮮!

猿達も興奮!

その後、2Fのテラスで土星とアルビレオの観測。

アルビレオとは、白鳥座のくちばしの部分にある星で
肉眼では1つの星に見えるけれども、
ほんとうは二重星。
金色と青色が美しく、宮沢賢治は「銀河鉄道の夜」のなかで、
サファイヤとトパーズになぞらえています。

Albireo

さてまず土星。

思っていたより小さいかど、しっかり輪も見えました!
輪が縦の位置になっていましたね。
やっぱり遠いのだな〜

アルビレオは本当に宝石のような美しい輝きで、
神秘的ですらありました。

毎日暑いけれど、夜には少し涼しい風が吹いて、
夏の終わりを感じながら、夜空を眺めた夜でした。

41j5kqy14wl_sl500_aa300_

猿達お気に入りの天体の写真集。
惑星探査機が約40年にわたって送信してきた膨大なデータを
厳選した写真295点を収録した写真集です。

ささきみえこHP http://homepage3.nifty.com/sasakimieko/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月18日 (木)

子育て雑感〜末っ子は割りを食う????

我が家には、中3娘、小6猿長男、小1次男猪八戒の3人の子どもがいます。

3人ひとまとめで、あちらこちらに出かけていた時代は終わり、
段々、個別に対応しなければならない時期になってきました。

上の子が小学生の間は、上の子と2番目の子で楽しめる範囲がまだまだ重なるので
よく一緒にお出かけをしたものです。
そのとき、一番下はまだベビーorチビチビで
春休みだ、夏休みだ、秋の連休だと出かけた旅行の記憶も
ほとんどないらしい・・・・

一番下が、やっといろいろわかる年代になった時は、
お姉ちゃん、お兄ちゃんは成長し、受験だ、部活だ、習い事だと
いろいろ忙しく、予定が合わなくなってきて
兄弟みんなで出かけることが、ぐっと減ってしまいました。

家でも、お姉ちゃんと受験の話、お兄ちゃんとは学校の友人関係の話や
習い事の相談など、ちょっと真剣な話をしているところに、
小3のわからんちん君が、あまり意味の通じないおしゃべりを
必死にしてきても「ちょっとあとでね」となってしまう・・・・

上2人のときは、年相応の対応をしてあげられて、
つたないおしゃべりにの相手もしてあげたのになあ・・・と
ちょっと反省。

そんなこともあって、ちょっと不憫に思えて
親は末っ子をかわいがるのか、最後の子どもだからより可愛いのか、
世間一般では、「末っ子はかわいがられる説」をよく耳にします。

うちの場合、育児も段々手抜きになり、
なんとなくほっとかれている→うるさいことを言われず好きにできる。
上の子の育児でこだわっていたことも、段々面倒になりなしくずしになる
→上の子からみれば、自分に許されなかったことが、末っ子はオッケー、贔屓だ!
てな感じのような・・・・・

末っ子だからかわいい・・・とは若干ニュアンスが違うような気がしますが。

Img_2108

というわけで、今年の夏休みの私の密かな?テーマは、
「末っ子との時間を作る」であります。

今年はお姉ちゃんが受験なので、旅行などもなしですが、
ゆっくり末っ子と過ごす時間を大事にできたらいいなと思っています。

そうすると、2番目の猿長男が、
「ママは、次男猪八戒に甘すぎる!!」と文句いいだすんだな〜

多分、「ママ、ママ」と言ってくれる時期も、
あっという間に過ぎて行くのでしょうけれど・・・・・

ささきみえこHP http://homepage3.nifty.com/sasakimieko/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月14日 (月)

トム・クルーズかあ・・・・

ここ最近、猿長男はトム・クルーズにはまっている。

「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル」のCMが流れていたあたりから、
ずっと観たい!観たい!と大騒ぎ。

ゴースト・プロトコルを観る前に、じゃあ、「1」から順に観るか?ということで、
GWはトム・クルーズ(ミッション:インポッシブルシリーズ)三昧であった。

Mission_impossible_2
1996年 1作目はデ・パルマ監督 さすがにトムも若かった。

私は別にトム・クルーズには関心がない。

昔から、どこを切っても同じ顔の、ハンサムな金太郎飴みたいだ・・・と
思っていたのだが、まあ、「ハンサムな金太郎飴」を
世界の第一線で何十年もやり続けることは、
それはそれで凄いことだ・・・・・
とても努力家という一面は好感が持てるし。

そんなわけで私は仕事しながら流し観してましたが、
猿長男はトムがアクションを決めるたびに
「かっこい〜〜い!!!!」とため息をついている。

(単純だな〜)

関心がないとはいえ、トム・クルーズとか、ブラッド・ピットとか、
ジョニー・デップなんかの、アイドル的人気が爆発し始めた頃が、
ちょうど学生時代とかさなるので、
よく考えれば作品はほとんど観ているかも・・・・・・

トム出演作では「マグノリア」が一番いいと思う。
群像劇なので、彼は主役ではありませんが、
たしかあやしい新興宗教の教祖役だった。

01db45e6beb3378df36f2099b419b2f2
1999年 アメリカ映画 ポール・トーマス・アンダーソン監督

ジョン・C・ライリーやフィリップ・シーモア・ホフマン、ジュリアン・ムーアなどが
出演してました。
面白い映画だった。 もう一度観たいなあ・・・

さて「ミッション:インポッシブル」。

トム・クルーズのシリーズでも、音楽とあのマッチで導火線に火をつけるオープニングは、
昔のTVシリーズと同じ感じで作っていますが、
やはり何と言っても、本家本元は、かっこ良かったですね。

10001570039
(これはサントラの写真。)
母が大ファンで観ていたので、子供心になんとなくそのシーンだけ覚えている。

そして猿長男。

映画を観終わった後、興奮してすっかりトム・クルーズになりきっている・・・・
押し入れや机の上から飛び降りたり、走り込んで回転したり・・・・・

お願いだから、夜遅くドタバタするのはやめて、早く寝てください(ため息)


さきみえこHP http://homepage3.nifty.com/sasakimieko/

こどものこと, 映画 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月 7日 (月)

都電の旅2

GWは終わってしまいましたね。

遅れてしまいましたが、都電の旅、後半話など。

鬼子母神を後に、荒川遊園へ。

都電というとのんびりとしたイメージですが、
たしかに走りはのんびりでしたが、さすがGW。

山手線か???というほどの混みよう。

ぎゅうぎゅうです。

子ども達も少々げんなり・・・
なんとか運転士さんの横で、気を紛らわせながら30分、
やっと荒川遊園に到着。

ここは、都が経営する遊園地。

もともと遊園地は苦手で、子ども達を連れていく機会も
他のご家庭に比べ、ものすごく少ないと思うんですが、
まあ、たまにはね。

メリーゴーランドと観覧車、コーヒーカップに日本一遅いジェットコースター、
スカイサイクルなどなど、まあ、一通りの乗り物と、
ふれあい動物園などがついています。

Ph_guide01_03_2
なんとなく、昔々、デパートの屋上に設置されていた遊園地を彷彿とさせる雰囲気。
牧歌的です。

その牧歌的な遊園地も、さすがGW、
かなりの混雑で、しきりに「本日は込み合っており大変申し訳ございません」といった
アナウンスが流れています。

普段は空いてるんだろうなあ・・・・・・

それでも、久々の遊園地にはしゃいでいる子ども達。
楽しそうに乗り物を一巡し、動物園で猿にえさをやり満足げ。

私のお目当ては、ここの遊園のそばにある駄菓子ともんじゃのお店。

北海道出身の私。
もちろん「もんじゃ焼き」は、東京に来てから初体験。
でも食べたのは、知人に連れられて月島のお好み焼き屋さんで。

知人曰く、「もんじゃは何て言うか子供のおやつだからね、
駄菓子屋で食べるようなものよ。」と、子供時代の思い出を語ってくれたものの、
駄菓子屋と鉄板でもんじゃをじゅうじゅう焼くイメージが、
どうも繋がらなくて、一度行ってみたかったんだな〜。

さてさて、もんじゃであります。

もちろん、うちの子達も初体験。
ベビースターラーメン入りも捨てがたかったのですが、
娘のリクエストでイカ入りに。

Sbca1112
おばあちゃんたちが、くるくる元気に働く店内は、
半分が駄菓子屋スペース、半分がもんじゃスペース。
かき氷なんかもあって、いい雰囲気!!!

こんな店がうちに近くにあればなあ!!!と、
猿長男も楽しそう!

のんびりもんじゃを食べ、鬼子母神で買った駄菓子を食べ尽くしていた子ども達は、
ここで、再度駄菓子ショッピング。
Sbca1114
またまた150円で、ものすごく気が大きくなっている息子達。

帰りは、巣鴨のとげ抜き地蔵にちょこっとよって、
ここが「おばあちゃん達の原宿」ねえ〜などと、
商店街をぶらぶら、焼き鳥などをかじりながら帰途についたのでした。

お手軽な外出でしたが、なかなか楽しい一日でしたな〜。

さきみえこHP http://homepage3.nifty.com/sasakimieko/

お出かけ, こどものこと | | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 1日 (火)

都電でぶらぶら

GW始まりましたね。

でも、とりたてて旅行などの予定もない我が家。
・・・・ということで、
昨日はぶらぶら都電の旅に出かけました。

都電荒川線です。
三ノ輪〜早稲田の間を、ひたすらのんびり走ってます。
大学時代は、札幌の市電で大学に通っていたので、
こののんびりムードはなつかし〜い。

都電の走っているエリアは、東京の東側より。
杉並区に住んでいると、なかなか利用する機会もないので、
休日、都電エリアをのんびり散策しよ〜う!ということになったのだ〜。

まず、雑司ヶ谷は鬼子母神堂へ。

ケヤキ並木の参道を通って、境内へ。
樹齢700年と言われる大公孫樹(おおいちょう)はみごと!!!
静かでのんびりとした雰囲気は、池袋からさほど離れていないのが嘘のようです。

子ども達のめあてはここ!!!
江戸時代から続く老舗の駄菓子屋さん。

Sbca1098

1人、150円で何を買うか、
駄菓子屋での150円って、けっこうな量が買えるので、
すっかり気の大きくなっている3人。
お店のおじいさん、おばあさんも、なかなか味のあるご夫婦でした。

Sbca1100

駄菓子を食べつつぶらぶらしながら、
また都電に乗って、次は今日のメイン、荒川遊園へ向かったのでした。


さきみえこHP http://homepage3.nifty.com/sasakimieko/

お出かけ, こどものこと | | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年4月 8日 (日)

鎌倉後半 

さて鎌倉巡りも終盤。銭洗弁天と佐助稲荷神社に。
どちらも源頼朝ゆかりの場所です。

銭洗弁天は、その名のとおりここの水でお金を洗うとお金が増えるという
言い伝えの神社。

ここに来る途中、おこられまくった猿長男はすっかりふてくされ、
嬉々としてお金を洗っている娘と次男猪八戒を横目に、
「僕はやらない」と、そっぽを向いている。

せっかくだからと勧めたら、イジイジとすみっこで五円玉を洗ってましたね。
ちょっとプレ反抗期っぽいんだよな〜最近。

ここから佐助稲荷神社まではすぐ。
実は今回の鎌倉で、私が一番行きたかったのはここ、佐助稲荷。
赤い鳥居が連なるこじんまりとした神社で、お狐さまもたくさんいましたよ〜
Sbca1057

たくさんの狐の頭の上に一円玉がちょこんとのっているのが、
かわいらしかったな〜

稲荷神社の裏手がちょっとした山道になっていて、
そこをよじ上っているうちに、猿長男の機嫌も直り、
「山サイコ〜!!」と駆け回っていました。
男子は単純ですね。

午後になって段々肌寒くなってきて、少々くたびれてもきたので、
佐助稲荷の近くの甘味何路「こまめ」に。
私はいっつも、食べ終わってから「あ〜!写真!」と思い出すので、
今回も写真はありませんが、あんみつや白玉など、上品な味でおいしかったです!
おむすびセットなどの軽食もあり、お昼はランチもあるそうな。

ここで元気をつけて、ラストは大仏だ!!!
いつ見ても、晴れ晴れと立派な大仏様。
迫力の佇まいに、子ども達も「ほおぉおおお〜」と歓声を上げていました。
Sbca1072

久々の鎌倉散策。
駆け足でしたが、また違ったコースでそのうちまわってみたいな〜
もうちょっと猿長男&猪八戒が落ち着いた頃がいいかな。
でもその頃は、家族のお出かけなどにはついてこないお年頃なのかなぁ。
なかなか難しいですね。

今回は寄れなかったけれど、神奈川県立美術館も
今度ゆっくり見に行きたいです・・・・

さきみえこHP http://homepage3.nifty.com/sasakimieko/

お出かけ, こどものこと | | コメント (0) | トラックバック (0)